最近は値が付かない不動産もかなりありますね

色々な理由から一戸建ての売却時に値がつかない場合があります。例えば古い物件では、マイナスポイントとなる建物をなくし土地のみにするか、買いとり価格から解体費用を差し引きたいと、購入する条件として挙げられることも少なくありません。他にも、お洒落で先進的な一戸建てはこだわりゆえに、建てる費用は高くなりがちですが、売却時にはこだわりにより買い手が見つからず、近隣の他物件よりも値が下がることも多いでしょう。近いうちに不動産の査定を受けようと計画している方に向けて、ざっとした説明になりますが、売却のスケジュールをお話しします。はじめに、査定をしなければなりません。仲介業者を選んでお願いしましょう。納得できる査定結果を出してもらえたら、会社が広告を出すので、購入希望者が出るまで待ちましょう。けれど、予定の価格を引き下げなければならなくなったり、最終的に買手が決まるまで数か月かかることがあります。そして、買手が決まると、相手にお金を支払ってもらい、売却完了というわけです。これが基本的な買取の手順となっています。多くの不動産会社では物件売買の仲介としての立場を取りますが、会社の方針によって物件を直接買い取ってくれる場合があります。その方法は、不動産買取業者から査定を受け、出された買取価格に納得できればその業者に物件を買い取ってもらいます。買主が現れなければ売ることができない仲介と違い、買取の場合は売れるまで待つ時間は要りませんし、売却後の資金計画も立てやすくなるでしょう。土地家屋等の不動産物件の売却を仲介業者に依頼したいときは、幾つかの業者に査定させ、良さそうなところを選び出します。続いて売り出し価格を決め、業者と媒介契約書を交わします。媒介契約には一般、専任、専属専任の3種類があり、レインズ(不動産仲介ネットワーク)の登録義務や業務報告義務の有無といった違いがあり、どれを選ぶかは売主次第です。やがて買い手がついたら売買を仲介する業者の立ち会いのもとで売買の契約を交わし、登記変更手続きが済めば完了です。オープンハウスは近隣需要を喚起できるため、中古マンションの場合は成約率が高くなることが知られています。しかし、オープンハウスの弱点というのもあり、どの家が売り出し中なのかが秘密にできないというのがあります。近隣への広告チラシの配布は避けられませんし、不動産会社のロゴ入りのノボリ旗が立てられたりと人目を引くのは間違いありませんから、できれば誰にも知られずに売りたいのであれば、導入は慎重になった方がいいでしょう。売却物件の査定を受け、説明を聞く時には、業者の提示する評価額だけでなく、最終的な手取りはどの位になるのか確かめておきましょう。売る際に必要になる経費は、法律で決められた額の仲介手数料や、契約の印紙代、登記変更費用、各種税金等があります。税金の計算の仕方はケースバイケースですから、そこまでは仲介業者はフォローしてくれませんので、不安であれば最寄りの税理士に質問するのも良いですし、業者から説明を受ける時に同行してもらうというやり方もあります。これまで不動産業者に査定依頼を出すときは、物件情報とともに個人情報を知らせるのが当然でした。状況が変わったり、時期も決まっていないうちは、断っているにもかかわらず営業電話がかかってきたりするのを心配して、気になるのに査定を頼めないという方もいたことでしょう。ただ最近は、いちいち個人情報を伝えなくても住宅価格の見積りをしてくれるサービスもあります。家や土地などの不動産を売りたいときは、こうした新サービスを活用するのもありでしょう。複数の不動産会社に査定を依頼すると、各社が異なる結果を出すことがあります。査定方法は同じなのに低い査定額から高い査定額まで幅が出るのはなぜなのでしょうか。どうしてかと言うと、各社の販売実績やその会社独自の査定基準をポイントにして見積もりを出しているからです。このような特徴から、できるだけ高い査定額を希望するのであれば、一社ではなく、何社もの不動産会社に査定をお願いした方が、高い査定額を提示してくれる不動産会社が見付かりやすいです。最近は一括査定サイトなどで簡単に不動産査定ができますが、個人として会社に査定をお願いするのならば、前もって登記簿謄本を入手しておきましょう。登記簿謄本の入手には手数料がかかるので、古いものでも会社によっては受け付けてくれるでしょう。でも、正しい査定額を出してもらいたければ、新しい物のほうが安心です。登記簿謄本以外にも、固定資産税評価証明書、登記識別情報や登記済権利書といった権利書も用意しておきましょう。売却予定の物件のローンが残っていれば、他にもローン残高証明書や建築設計図、土地測量図が要るので、前もって準備しておいてください。マンションを売った後に税金がかかってくることがあるでしょう。いわゆる譲渡所得税というものです。買った時の金額よりも高額な値段で売ることができた時、利益に対してかかるのが、譲渡所得税です。ただ、譲渡所得税は自分が住むための住居を売却時の特別控除などがあるので、直前まで暮らしていたマンションを売却したら、譲渡所得税を払う必要がないことがほとんどです。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>不動産売却一括査定スマイスターってどうなんだろう??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です