築年数と不動産の売却

不動産の売却を視野に入れ始めた際、築年数について心配する人もいると思います。築年数で売却価格が上下するのは確かです。仮に築10年の戸建てを査定に出せば、 多くが建物の査定価格はゼロということになり、原則、土地の価格のみになることでしょう。マンションも大差はなく築年数が浅ければ浅いほどベターですから、状況は戸建てと同様で、築10年が境になっています。これまで暮らしてきた家を売るにはそれなりの事情があるでしょうが、いずれにせよ決断は大変だったはずです。それでも、やっと下した決断で深い後悔に沈むか、未来のために価値あるものにするかは決断後の心のありようで決まります。購入者に家を引き渡す前には物を整理し、時間制限つきでどんどん始末する必要があります。面白いもので身辺の整理が進むと気分がすっきりしてくるものです。住宅売却による金銭対価は大きいですが、もうひとつの利点はミニマリストや断捨離経験者の体験と似ているかもしれません。買う側にとってつらいのが消費税の負担です。住宅の売買でも当然かかりますが、課税対象には土地は含まないため、建物代金についてのみ、消費税を払うことになります。また原則として、売主が個人であれば消費税が非課税となるというメリットがあります。ただし、たとえ個人所有であっても自分が住む以外の用途で所有している不動産だと、消費税非課税取引の恩恵は受けられませんので、気をつけなければいけません。不動産売却を検討するなら、大抵は第一に不動産業者に価格を査定してもらうでしょうが、キレイに清掃した上で査定に入ってもらうことが重要です。キレイな状態にしておくと、マンションなら特に評価に関わる印象も変わってきます。さらに、購入希望者が下見をしたがったときにも欠かさず清掃を行い、内覧者に最大限広く見えるよう必要最低限の物だけを出しておくようにしましょう。もう完成した新築物件や中古物件、あるいはマンションといった住宅類を実際に見ることができるのがオープンハウスの利点です。机上ではわからない立地条件も購入者目線で確認できますし、家を売る際、早く買手を見つけたかったら、オープンハウスによって購入希望者に実物をよく見てもらうというのもアリだと思います。現在居住中の住宅の場合は、オープンハウスのために外泊することもあるようですが、生活感が出ているのを売手が気にする一方で、購入を考えている人は購入後の生活が想像しやすく、非常に参考になるのです。何の運命のいたずらか、住宅を売りに出したら買い手がすぐについて、慌てて引き渡さなければという状況になることもあるようです。慌てずに済むよう、買い手がつく以前から積極的に荷物の整理をしておくと良いでしょう。住みながら売却する場合は、家電や寝具、食器類などは必要最低限を残し、不要品や季節品を分け、箱詰めしたり、資源回収に出したりすると、引越しも楽ですし、断捨離もできて一石二鳥です。チャレンジは良いことですが、自分で売買するのが「家」の場合、危険な考えだと思います。取引では権利や責任を明確にする必要がありますし、法律、税務、登記などの特別な知識を独学で身に付けるのは困難ですし、シロウトが真似したところで、もし訴訟などの問題が生じたら対処しきれるでしょうか。手数料の負担は痛手かもしれませんが、高額の取引を無事に終わらせるためにも実績のある専門家を活用したほうが良い結果が出るでしょう。もちろん、知識があるから大丈夫というのであれば、自分で家を売却するという選択もないわけではありません。普通、不動産査定書というと、不動産に関する情報や、ガス、水道、電気などのインフラ状況、物件の排水設備、路線価や地価といった詳細な物件情報が記載されているものです。ですから、業者などはこの書類を元にして売却価格を算出します。この書類はどのようにして入手するのかというと、契約した不動産会社に頼むと作成してくれますが、不動産鑑定評価書を専門家に依頼することもできます。たとえ自分が所有している不動産物件であっても売り払う際には権利書の提出が、絶対に欠かせないものです。その土地の登記がされていることを権利書によって証明することができ、登記済証というのが正確な呼び名です。もし、それを無くしてしまったり何も読めないような状態になったとしても、新しいものを発行することはできないのです。ですが、弁護士であったり土地家屋調査士など、司法書士を代理人として立てることで、本人確認情報の提供で、対応も可能になります。不動産を売るとなると、どのような計画を立てれば良いのでしょうか。ざっとした説明になりますが、売却のスケジュールをお話しします。最初に、仲介会社に査定を依頼します。しばらくすると、査定結果を教えてもらえるハズです。問題なければ、その仲介会社と契約します。次は、会社が広告を出して買主が現れるまで待ちます。場合によっては、値下げしなくてはいけなくなったり、半年近く売れないこともあります。無事に購入希望者が出れば、支払い手続きに進み、売却完了です。簡単な説明になりましたが、参考にしてみてください。あわせて読むとおすすめ>>>>>スマイスター評判と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です